2018年06月16日

アンディ・ウォーホルを目指していた

『帝都物語』の加藤保憲になりたくて、
軍人ばりの短髪にしていたワタシだが。

頑張って髪を伸ばして、アンディ・ウォーホルみたいな髪型に
しよう!と思い立った。

カメラマンとは自由なようで、そうでもない職業で、
見た目からアーティストっぽい雰囲気を放っていた方が
潰しが利くが、あんまりチャラいと信用を失くす。
目が隠れるような髪型だと、撮影にも支障が出てくる。

その点、アンディ・ウォーホルなら、その条件を全てクリアする。

だから、頑張った。
途中、もう、どうしようもないぐらいに、モッサイ髪型になりながらも、
何とか耐えて伸ばしていた。

だが、ある日。

雑誌の写真撮影の際に、ひょいとモデルさん用の鏡を覗き込んだら・・・
めちゃくちゃダサい髪型の、冴えない中年が映っていた。

いや、ダメだろ、これ。

翌日、速攻で髪を刈り込んだ。
さらば、アンディ・ウォーホル、だ。




posted by 好きなように呼んで♪ at 03:12 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月04日

フィギュア撮影は、アメコミヒーローの独走状態か?

唐突に、フィギュア撮影にハマった。

「ルパン三世」の次元大介。
デビルマン・Ver. Nirasawa 2016。
「究極超人あ〜る」のR・田中一郎。

この3体をバババーっと買って、フィギュア撮影に夢中になった。

あ〜るくん以外は、とにかくカッチョイイ写真が撮りたいわけだ。
そこで、水撮影をしたり、加湿器を使ってスモーク撮影をしたり。

すると、「おお、これはなかなかカッチョイイのではないか!?」という
写真が撮れてしまう。
これは、誰かに見せたい。是非、見て欲しい。

フィギュア撮影の界隈には、「オモチャの写真」=「オモ写」なる言葉があって、
「よっしゃあああ!ほんじゃ、いっちょ、オモ写に殴り込みをかけちゃるわ〜!」
と、意気込んだのも束の間。

オモ写で検索をかけてみると、そのほとんどがアメコミヒーローの
フィギュア写真なのだ。
ちょいちょい仮面ライダーが紛れ込んでくるが、ポージングも写真も
めちゃめちゃカッコイイのに、イイネの数が圧倒的に少ない。
アメコミヒーローがオモ写界を席巻している。

つまんねーーー!!!
ハッキリ言って、アタシャそう思ったね。
だって、興味無いんだもん。

次元だって、カッコ良ければ、いいじゃない。
デビルマンだって、カッコ良ければ、いいじゃない。

ワタシはワタシのカッチョイイを追求するために、今日も試行錯誤を
繰り返すのであった。

でも、打倒!アメコミヒーロー!とは思ってないよ。
それはそれ。これはこれ。なのだ。




posted by 好きなように呼んで♪ at 01:17 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月25日

続・それは怪奇現象なのかい?

神社のある公園で、
どうやら何か怪奇現象らしきものを体験したような、
していないような、ワタシ。

よせばいいのに、また同じ場所で、ドール撮影をした。
だって、ロケーションがいいんだもん。

でも、また同じ目に遭うのは、ごめんだったので、
今回は神社でお参りをしてから撮影をすることにした。

よしよし。これでもう大丈夫。
ワタシは耳にイヤホンを入れ、音楽を聴きながら、
ドール撮影を始めた。

ちなみに、音楽を聴く時は、iPodからBluetoothイヤホンに
電波を飛ばしている。

神社でお参りをしたのが、功を奏したのか、変な物音がするでもなく、
ドール撮影は順調だった。

と、呑気に構えていたら。

突然、ザザザ、バリバリバリと音がして、ピーと音楽が止まってしまった。
こんなことは初めてである。

イヤホンの電源を入れ直してみるが、何度やってもiPodに接続されない。
iPodを調べてみても、接続がありません、と表示されるだけ。

ワタシは音楽を聴くことを諦めて、無音でドール撮影を続けた。
夕方に行ったので、日没までが勝負の短期決戦。
そんなことに構ってはいられないのだ。

なんとか撮りたい写真を撮り終え、公園を出て、
「あ、音楽聴きたい」と、イヤホンの電源を入れると、
いつも通りに音楽が流れ始めた。
「良かった、直った」と安心したが、じゃあ、さっきのアレは何だったんだ。

ひょっとして、ひょっとすると、また何かにやられたんじゃないのか?

神社の神様に嫌われているのか。
はたまた、あの場所には、めちゃめちゃしつこい、構ってちゃんな
幽霊がいるのか。

どちらにしても、またドール撮影には行くつもりである。
懲りないねぇ。




posted by 好きなように呼んで♪ at 01:35 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月14日

それは怪奇現象なのかい?

休日には、趣味のドール撮影をしたいワタシ。

とある休日。
ドールを抱えて、神社がある公園まで写真を撮りに行った。

境内と公園の境界辺りの茂みで、イヤホンで音楽を聴きながら
ドールを撮っていたら、声をかけられた。

ふり返ると、立派なカメラを持ったおじさんが、
「それ、人形?すごいね!面白いね!」とニコニコ話しかけてきた。
おじさんは、公園の池に来る野鳥を撮っているのだそうだ。

しばし、写真の話に花を咲かせて、「じゃあね〜」と別れて。
ワタシはドール撮影に没頭。

すると。
イヤホン越しに男の人らしき声がした。
おじさんが戻って来たのかと思って振り返ったが、誰もいない。

「気のせいかな?」
ワタシはドール撮影を続行した。

すると。
またも、イヤホン越しに男の人らしき声。
「はい!」とふり返るが、これまた誰もいない。

「んん〜、声が聴こえたと思ったんだけど・・・」
と、首を傾げながら、ドール撮影に戻る。

すると。
肩にパサッと何かが当たった。
てっきり、誰かに肩を叩かれたのだと思って、振り返ってみたが、
やはり誰もいない。

「木の枝でも落ちてきたのかな」

それを潮に、ワタシはドール撮影を切り上げることにした。
もう、随分撮っていたからね。

そして、翌日。

自宅でPCに向かって、仕事で撮った写真の現像に追われていると。
部屋の周囲の壁をコツコツと叩く音がする。
何か工事でもしているのか、はたまた何かの作業でもしているのか。
結構な音で、しかも、いつまでも鳴っている。

「どこの家だよ。マジうるせー!!!」
と、ブチキレながら、現像作業を進めた。

音は、いつの間にやら止んでいたのだが。
夕飯を食べながら、ハタと思った。

あれは、世にいうラップ音というものではなかったか?
すると、昨日のあれは、いわゆる怪奇現象で、
ワタシは何かを連れて帰ってきてしまったんじゃなかろうか。

その後、別段変わったことは無かったが、
何度もドール撮影を中断させられたり、
家が騒がしかったり、
怖い、というより、迷惑この上無かった、という腹立ちの方がデカイ。





posted by 好きなように呼んで♪ at 09:24 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月01日

1mmも寄せてません

カメラマンの仕事で、タカラジェンヌさんとの繋がりができた。
宝塚歌劇団の男役さんである。

撮影の合間に、お喋りをしていたら、
「カメラマンさん(実際は、ちゃんと名前で呼んでくれたよ!)、
 宝塚の男役っぽい雰囲気ですよね!」
と、笑顔でニコニコ。

1mmも寄せて行っていないのに、普段から「宝塚っぽい」と
言われてしまうワタシ。
この日は、本物のタカラジェンヌさんを撮影するとあって、
なるべくイメージがかぶらないように、前髪を降ろして、
メイクも薄めに、服装もカッチリしない方向で赴いたのだ、が。

バッチリ、宝塚風認定を頂いてしまった。

1度、宝塚風メイクをしてみるべきなのか?これは。
でも、目指しているのは、吉川晃司さんなんだな、これが・・・。




posted by 好きなように呼んで♪ at 04:24 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする