2018年04月02日

は?え?和牛って、え?

インタビュー撮影の依頼が入った時の話。

インタビュー撮影と聞いていたのに、
「撮影して頂くのは、和牛です」

は?え?和牛って、え?黒毛和牛か何か?
もう、その時点で、頭の中には、焼肉店のメニューにあるような、
美味しそうなお肉のビジュアルがドーーーン!!!

うしょーん、撮影後はカメラマンが美味しく頂けちゃうやつ!?
いい!それ、すごくいい!
でも・・・人は撮らなくていいの?

と、軽く混乱していたら・・・。

お笑い芸人のコンビ「和牛」さんの撮影でした。
もちろん、撮影後に美味しく頂いたり、はしてません。






posted by 好きなように呼んで♪ at 03:13 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月13日

ワタシだって写真に写りたいんじゃい!

あっはっはっは。
前回の投稿から、休みがなかったとか、どーよ、どーよ。
さすがに、2日前ぐらいは、大グロッキーだったよね。
タウリンで生き延びている、昨今のワタシ。

さて。

ワタシの現在の職業は、カメラマン。
カメラマンとは即ち写真を撮る人。

わかってるよ。
わかってるんだけどさぁ。

気心の知れたメンバーから、ライブ撮影に呼ばれたりするじゃない?
終演後に、お客さんとライブのメンバーが楽しそうに記念撮影を
してるじゃない?

「○○ちゃん!○○ちゃん!(私の名前を呼んでいる)」
「はいっ、これっ!」って、スマホを渡される。

ああ、これで、あなた達を撮れと。
なるほど。
撮りますよ。撮りますともさ。
ワタシはカメラマン。
でもね。

ワタシも1枚ぐらい一緒に写りたいんじゃーーーい!!!

だってさ、だってさ。
皆、楽しそうなんだもん。
1枚ぐらいは、ワタシにも楽しい思い出の写真があってもいいじゃん。

でも、無いの。
ワタシが撮った写真はあるけど、ワタシが写ってる写真は無いの。
まるで、そこに存在していなかったみたいになってるの。
さみしい。。。

ごくまれに、すっごくたまに。
「一緒に撮りましょう♪」って声をかけて貰うと、
もう、嬉しくて泣きそうになります。
優しい人は、とても優しい。




posted by 好きなように呼んで♪ at 05:16 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月22日

アマチュアカメラマンは、すっこんどれ!

この春、カメラマンであるワタシの仕事も桜前線に乗っていた。
連日舞い込む、桜の中での撮影のご予約。

とにかく撮ったぜ〜。
花見デートのカップルから、1歳のお誕生日記念のファミリーフォト、
ランドセル姿のピカピカの1年生の子供たち、成人式の前撮りに、
あと6匹のワンコ!

それはそれで楽しかったんだけど。
困ったことも、何度かあった。

それは、花を撮影に来ている、無駄に立派なカメラを持った、
アマチュアカメラマンどもだ!

撮影をしていると、横から来て、一緒になってパシャパシャ撮ったり、
「じゃあ、今度はこっちのカメラを見て!」などと言い出す。
お客様は、困惑顔でワタシに助けを求めている。

「あ、すみません。これ、プロカメラマンによる出張撮影サービスの
撮影なんで、アマチュアの方はご遠慮下さい」
と声をかけると、ワタシを上から下まで睨んで、
「じゃあ、お姉さんはプロなの?」と、不満げに聞いてくる。
その顔には、「お前がプロかよ、笑わせんじゃねーよ」という
侮蔑がたっぷりと込められている。
相手は、大体、おじさん。

でも、ワタシは負けていない。
「はい。ワタシはプロカメラマンで、料金を頂戴して撮影しておりますので、
申し訳ないんですが、他の方は撮影をご遠慮下さい」

すると今度は、お客様の方へ近寄って行って、
「ほら、これが今撮った写真。結構いいでしょ?もうちょっと撮ってあげるよ」
などと言い出す。

撮った写真も微妙だし、お客様も目でワタシに助けを求めている。

これはもう、ワタシのお仕事の範疇。
しつこく撮らせろと寄ってくるアマチュアカメラマンを
なんとか追っ払って、本来の撮影続行に持っていく。

もうさぁ、何でも撮っていいと思うんじゃないよ、アマチュアカメラマン。
仕事の邪魔をするんじゃねぇ!
花でも撮って、すっこんでろ!




posted by 好きなように呼んで♪ at 04:48 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。